腸内環境は善玉と悪玉の割合に左右される

腸内環境は善玉と悪玉の割合に左右される

腸内環境を整えてあげるためには、そこで生息している菌のバランスを考えてあげる必要があります。腸内には、主に3種類の菌が生息しています。善玉菌と悪玉菌と日和見菌です。その酸種類の菌のバランスを意識するだけでも、体調の改善が見込めるケースがしばしばあります。
 

悪玉と善玉の割合によって変化する日和見菌

 
134107まず3つの菌の中でもっとも多いのは、日和見菌です。善玉菌でもなく、悪玉菌でもありません。

ところでその日和見菌は、2つの菌のバランスによって性質が変化します。お腹の中に多くの善玉菌が生息していれば、日和見菌は善玉に傾きやすくなります。悪玉菌が多ければ、逆の状況になる訳ですね。

例えば善玉菌が25で悪玉菌が10だとします。明らかに善玉菌の方が多いですね。と言う事は日和見菌としては、善玉菌の方に傾こうとする傾向があるのです。善玉菌が増えてくれれば、もちろんお腹の中はポジティブな状態になります。逆に善玉菌が8で悪玉菌が15ならば、日和見菌は悪玉に傾きがちになってしまいます。
 

善を増やし悪を減らすよう試みる

 
134110このためお腹の中の調子を整えてあげるためには、まず善玉菌の割合を増やそうと考える必要があるでしょう。そのためには乳酸菌などを摂取するのも1つの方法ですね

乳酸菌の死骸などは、善玉菌のエサになる事が多いからです。現にそのようなサプリメントもありますので、試してみるのも1つの方法でしょう。

逆に悪玉菌の数を減らそうと試みるのも、1つの方法ですね。悪玉菌が減ってくれれば、もちろん日和見菌が善に傾いてくれるからです。

このようにお腹の中にある菌の割合を色々と考えてあげると、体調も変化してくると言われています。基本的には「善玉を増加させ悪玉を減らす」という考え方で良いと思います。

本日LG21という乳酸菌の効果を実感している私

本日LG21という乳酸菌の効果を実感している私

本日私は、あるコンビニにて商品を購買しました。購買したのは乳酸菌に関わる商品ですね。LG21と呼ばれる乳酸菌が入っている、ヨーグルトを買ったのです。私がそれを飲んでからしばらく時間が経過していますが、ちょっと胃の調子が良くなったかもしれません。
 

私がLG21を購入した理由

 
そもそもなぜ私がその商品を購入したかと言うと、インターネットで調べた情報に興味を持ったのです。ちょっと最近色々とお腹の具合が良くないので、何か良いものはないだろうかとネットで検索をしていたのですね。
 
ある時に、上記のLG21というものを見かけました。その乳酸菌の特徴なのですが、胃の中で活躍してくれる可能性を秘めているのです。
 
多くの乳酸菌は、胃酸で溶けてしまう傾向があります。それで大腸や小腸などに届かない事が多いのですね。しかしLG21というタイプの場合は、むしろ胃に対してポジティブな効果が見込めると分かったのです
 
がん細胞に対して働きかけてくれる役割も期待されていますので、私はちょっと興味を持ってコンビニでLG21入りのヨーグルトを購入してみた訳です。
 

LG21を摂取した後の私の状況

 
そしてLG21を摂取してから、すでに数時間が経過しています。私は、本日は胃の調子が良いと感じていますね。普段であれば、食事はあまり胃の調子が良くありません。むしろ胃もたれを起こしてしまう事が多いですね。
 
しかし本日の私の場合は、それもありません。むしろ胃の中がすっきりとしている感覚を覚えていますので、恐らくLG21が活躍をしてくれているのだと思います。
 
これはとても良い傾向だと思いますね。ただ即効性があるものではないという話も聞いています。ちょっと1ヶ月ほどは、この乳酸菌を試してみようかなと考えている次第です。